八幡酒蔵工房からのおしらせ
2014年4月10日 19時52分

生ごみリサイクルは竹粉100%

324日につくった竹粉650gA4サイズの発泡スチロールボック(21cm×横29cm×高さ9.5cm)に入れて、生ごみリサイクルをはじめました。腐葉土を使ったリサイクルは普及していますが、竹粉100%を温床に使ったリサイクル肥料づくりは少ないのでは。

軽くて、手も汚れず、場所も取らないので、室内のテーブルの上でつくっています。発酵して温度が上がってきました!徐々に生ごみが消えて行くのが楽しみです。まだ始めて2日ですが・・・1ヶ月後の変化が待ちどうしいです。家庭ごみの搬出量が減れば焼却費の節減やCO2排出削減にもつながるのでは。ささやかなエコ&地球温暖化防止ですが。 


竹粉堆肥 016.JPG

竹粉堆肥 011.JPG
 


2014年3月26日 19時01分

リサイクル竹粉づくりをしました

 うららかな好天恵まれ「八幡山の景観を良くする会」の里山整備活動、間伐竹をリサイクルして竹粉をつくりました。竹は資源として有益な未利用バイオマスだそうです。

焼却処理をすればCO2も増えます。ささやかですが、竹粉にリサイクして畑の肥料にします。季節も良くなり久々のPANDA(竹粉製造機)の稼働です。

竹林間伐とPANDA組み立てのグループに分かれて効率良く作業をしました。直径15cm前後の竹が間伐され竹林から運び出されます。1本約10分前後で500ミクロンの竹粉ができます。フレッシュな竹パウダーは2週間程度嫌気発酵させると乳酸菌の作用でヨーグルトのような甘い匂いがしてきます(肥料として使えますよのサインです!)。

待ち切れずに出来立ての竹粉を自宅市民農園に撒きジャガイモを植えました。発酵させない竹粉を肥料として漉き込んだのは初めてです(どんな結果になるか楽しみです)。

 ご協力くださった「八景会」の皆さまありがとうございました。 

2014年3月24日PANDA 187.JPG

  2014年3月24日PANDA 199.JPG


2014年3月12日 15時16分

3月1日に八幡酒蔵工房が移転しました!

 2007年・明治の酒蔵⇒2008年・築125年の町屋⇒2014年・空き倉庫と八幡酒蔵工房は3度目の移転をいたしました。2度あることは3度あるのことわざ通りになりました。
 
 伝統的重要建造物群保存地域の近江八幡市永原町元16にあります。空き倉庫というものの景観に配慮した和風のつくりです。

 NPO法人日本食品リサイクルネットワーク関西支部との共同で借りています。引き続き地域のプラットホームして、市民活動の皆さんの集合場所となるよに片付け始めました。

 旧八幡酒蔵工房のように民宿やカフェ営業はできませんが、お茶飲み・作業・会議などに使うことができます。今まで以上によろしくお願いいたします。
 糀安倉庫全形IMG_0002.JPG糀安1F_0029.JPG糀安天井IMG_0031.JPG


2014年3月02日 15時30分

八幡山の景観を良くする会(八景会】竹の間伐作業に参加!

 2月24日(月)第4月曜は「八景会の定例作業日です。豊臣秀次居城の大手門跡には竹林が侵入し歴史遺産の石垣が崩壊の危機にあります。間伐によりこれ以上拡散しないよに整備を続けています。
 野積みにすると景観を害します。そこで、間伐竹の有効活用を考え暮らしの中で活かしてゆこうと参加メンバーはいろいろと考えています。犬やらい・室外機カバー・プランター・竹構造材温室・竹楽器(バンブーオーケストラ「たけおと」・間伐竹パウダー(竹粉肥料・飼料「いまさかPJ」)・バンブハウス(竹桟敷「近江兄弟社学園小学校」)などなど。
 厄介者竹が資源としての活用を考えたいともいます。
 3月24日(月) 八幡山公園管理棟前に9時に集合し、間伐竹で竹粉(肥料用・飼料用)を製造します。見学や体験希望の方はご連絡ください。IMG_0100.JPG

IMG_0086.JPG
 
 

2014年2月10日 13時33分

ありっタケ学ぼう!「竹資源活用塾」inたつの市

 2014年2月9日 赤とんぼで有名なたつの市に行って参りました。ご訪問くださった市長さんの背広の襟にも可愛い赤とんぼのブローチのようなバッジが輝いていました!
 
市の職員さんと市民の皆さんが一つのテーマに沿ったグループをつくり、その提案が採択された大変おめでたい交流会なのです。
 
西播磨地域から竹資源活用の事績を積まれた活動団体の代表がパネラーとしてご参加くださいまして貴重な活動事例をご披露くださいました
 
放置竹林問題では、地域を問わず抱える問題点は皆同じだなあ~というマイナーな共感を一歩進めたポジティブな交流を持てたことを嬉しく思いました。
 
これも、今回のイベントが契機となって、県内の団体間のネットワークができて、さらに、県外のネットワークに繋がっていけば良いなと考えています。と主催者の皆様の意識の高さのお陰です。
 
近江八幡では「おやじ連」という定年退職男性のボランティアネットワークが機能している事例や、認定NPO法人日本食品リサイクルネットワークとして生ごみリ(廃棄バイオマス)リサイクルを市民レベルと事業レベルで展開しておられる吉田栄治代表がゲストパネラーとして出口(需要)が供給に追い付かないので、間伐竹(未利用バイオマス)との協働は是非実現したいと間伐竹の未来像を描けるお話しに熱い視線が集まりました!!!
 
まちづくり塾「いりの竹取物語」の皆様ご来場くださった皆様本当にありがとうございました。
 

 

feed KML
八幡酒蔵工房へようこそ!



近江八幡のまちを元気にしたい。
美しい町並みを守りたい。
八幡山の景観と環境を守りたい...。

地域のいろんなパワーが結集して、
滋賀県近江八幡市に約300年続く老舗「西勝酒造」の一角に、
小さな新しい工房が誕生しました。
昭和初期の懐かしさが漂う「旧千鳥食堂」に移転し
地域のプラットホームとして多彩な人々が行き交います。


「八幡酒蔵工房」は、八幡山の美しい里山を侵食する竹ヤブを
整備して出てきた竹廃材をリフォーム・リサイクルするなど、
「環境」と「伝統工芸」の融合をめざした
オリジナル工芸ブランドです。
工房が移転しました!
工房が移転しました!!

【新住所】
〒523-0861滋賀県近江八幡市仲屋町元1番地



元食堂だった空き町家をリノベーションして、
2009年4月4日に、新装オープン
いたしました。
八幡酒蔵工房の様子
CIMG0035.JPG CIMG2082.JPG 庭完成(6・23) 002.JPG


・小屋オープン・電気 009.JPG     CIMG0066.JPG


庭完成(6・23) 008.JPG     

カフェ・土間再・茶刈り・畑kr 022.JPG     CIMG2297.JPG
プロフィール
グループ名称
八幡酒蔵工房
概要
日本の重要文化的景観第1号に選定・ラムサール湿地条約に登録された、近江八幡の旧市街地~水郷地帯で、築120年の放置町屋を改装したレトロな工房は環境にやさしい“ものづくり&まちづくり”活動の工房です。
活動拠点
滋賀県近江八幡市
管理者
 
HPリニューアルしました!
八幡酒蔵工房のホームページへのご訪問、ありがとうございます。

ホームページのパワーアップをしました&コンテンツをさらに増やす用意をしています。

今までのホームページは、こちらからご覧いただけます。

いままでなかなかご紹介できなかったイベントやプロジェクトについてのご紹介もどんどんやっていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。



八幡酒蔵工房の予定
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930