八幡酒蔵工房からのおしらせ
2014年9月16日 13時48分

「環」フォーラム&カヌーツーリング

IMG_1787.JPGIMG_1796.JPGIMG_1803.JPGIMG_1848.JPGIMG_1852.JPGIMG_1871.JPG

9月13日「環」フォーラムでは里山里地の生態系の循環や農山村への環境省の支援など難しそうなお話も、綺麗なイラスト(理想の田舎の原風景のメルヘンスライド)を使い分かり易い説明をいただきました。参加型フォーラムで基調講演の竹田先生・パネラー・参加者の皆さんの自己紹介や活動紹介もしていただき和気あいあいの時間を過ごしました。休憩を挟んで出川先生より活動事例のご紹介もいただき、ためになったとのお声をいただきました。

14日親子カヌーツーリング&高学年以上のカヌーツーリングも晴天に恵まれ、事故もなく無事終了しました。
 730分に工房に集合してカヌーを7艇車に乗せて琵琶湖の長命寺浜に向かいました。前日は沖島に停留していた清流丸も合流し、9時には参加者の皆さまがライフジャケットを身につけ漕艇準備・講習・漕艇スタートと進行しました。 初めてのカヌー企画ですが仲間のベテラン指導者(ボランティア)によりスムーズな進行となり、初めての方でも琵琶湖に漕ぎだし虹ヶ浜(きれいな砂浜に柳の木が自生しエビや魚が棲んでいます)を目指しました。
 これからも、この素敵な環境や景観を1人でも多くの人々と共有できるようにカヌーに親しむイベントを続けたいと思います。


2014年9月16日 13時43分

「環」フォーラム&カヌーツーリング

 2014913日「環」フォーラム

里山里地の生態系の循環や農山村への環境省の支援など難しそうなお話も、綺麗なイラスト(理想の田舎の原風景のメルヘンスライド)を使い分かり易い説明をいただきました。

参加型フォーラムで基調講演の竹田先生・パネラー・参加者の皆さんの自己紹介や活動紹介もしていただき和気あいあいの時間を過ごしました。休憩を挟んで出川先生より活動事例のご紹介もいただき、ためになったとのお声をいただきました。

場所を八幡酒蔵工房に移しての交流会も盛り上がり親交を深めることが出来ました。

 

14日親子カヌーツーリング&高学年以上のカヌーツーリングも晴天に恵まれ、事故もなく無事終了しました。

730分に工房に集合してカヌーを7艇車に乗せて琵琶湖の長命寺浜に向かいました。前日は沖島に停留していた清流丸も合流し、9時には参加者の皆さまがライフジャケットを身につけ漕艇準備・講習・漕艇スタートと進行しました。

初めてのカヌー企画ですが仲間のベテラン指導者(ボランティア)によりスムーズな進行となり、初めての方でも琵琶湖に漕ぎだし虹ヶ浜(きれいな砂浜に柳の木が自生しエビや魚が棲んでいます)を目指しました。

これからも、この素敵な環境や景観を1人でも多くの人々と共有できるようにカヌーに親しむイベントを続けたいと思います。


2014年8月27日 10時24分

「環」フォーラム&清流丸・カヌーツーリング

 月日 913日(土)

時間 1300~1700 無料

場所 八幡教育会館(近江八幡市資料会館の前・旧伴家住宅)

テーマ 水郷の環境を生かした新たな学びの可能性

基調講演 「環」 竹田純一

小川パネル.png

小川チラシ1.png

月日 914

場所 長命寺港(1部・2部共申込み必要)

1部 親子カヌーWSツーリング(親子or保護者)1人乗りカヌー1,000円 3~4人乗りカヌー子ども500

時間 ①900~1030 ②1030~1200

2部 ③カヌーWSツーリング(中学生以上)1,000円/④水郷めぐり観察舟 大人1,000円 子ども500

時間 ③④共1300~1610 

お問い合わせ・お申込み先

E-mail 8minako@gmail.com  (小関)


2014年7月30日 11時32分

猛烈な夏草に覆われた「いまさか」7月28日の定例整備

2014年7月28日いまさか・他 040.JPG  2014年7月28日いまさか・他 051.JPG2014年7月28日いまさか・他 058.JPG  2014年7月28日いまさか・他 090.JPG2014年7月28日いまさか・他 075.JPG  2014年7月28日いまさか・他 069.JPG  
 猛暑の中、総勢11名で田舟に乗り水郷の中洲「いまさか」(10年間放置されていた元田圃)へ!
 このところの猛暑で、開墾以来体験したこと粉のない屈強な夏草に覆われ、スイカやカボチャも姿は見えず。ヘチマのネットが夏草の中に立っている様は、かつては水を満々と湛えた要塞だった安土城が干拓され水田に建つ情けな~い景観とオーバーラップしました。
 草刈り機の化石燃料を使いCO2を排出しながら、景観整備をすることに毎回矛盾を感じつつ、360坪の畑=野原はさつま芋の畝が顔だし見る見る畑に整備されました。
 バンブーハウス(竹構造材の温室)ではトマトがたわわに実りメロンの「ころたん」が結実していました。

 セイタカアワダチソウのジャングルが、エノコログサの畑=草原に変化したのはボランティア仲間の整備活動の賜物です。
 葦地に囲まれた水郷の植性の変遷が少しでも在来種(雑草ですが)へと変化して行けばと思います。

2014年6月26日 15時53分

いまさか定例作業

 メロン.jpgトマト写真.JPGIMG_0386 くさかり.jpg写真 3さつまいも.JPG写真 1へちま.JPG
20146239時集合:いまさかの定例作業日です。新しく仲間入りした「清流丸」で水郷の中洲元耕作放棄地を目指しました。4サイクルのエンジン搭載の木舟は(最上川・酒田市の最後の舟大工さん制作)。水郷エリアのみならず琵琶湖にも舟出できる適合許可証も携帯しています。

いまさかは兵どもが夢のあと、よろしく先月に草刈りした畑は逞しい夏草に覆われていました。野菜を夏草の中から救出し360坪の耕作地の草取りと草刈りに汗を流しました。

間伐竹でつくったバンブーハウス(竹構造材の温室)の中ではメロンとトマトが育ち青い実をつけていました。野外では、子どもたちの芋掘り体験用のさつま芋、小芋、スイカ、カボチャ、三度豆、へちまが逞しい夏草の中で順調に育っていました。綺麗に草刈りしたものの、この環境は野菜たちにとって、幸せなのか不幸なのか・・・分からないでいます。自然農法の畑では雑草と野菜が共存することで元気な野菜が育つと聞いています。地元では草ぼうぼうの畑は格好の害虫の住処となると嫌われます。スイカはカラスの目から逃れるようにカモフラージュして周りの草を残しています。それ以上にカラスが賢いのでは。
今年はヘチマの新用途にトライしようと、緑のカーテン「ゴーヤ」に替えてヘチマを植えました。獲らぬ狸の皮算用ですが、支柱にヒョロヒョロと巻き付き琵琶湖からの風に耐えていました。


feed KML
八幡酒蔵工房へようこそ!



近江八幡のまちを元気にしたい。
美しい町並みを守りたい。
八幡山の景観と環境を守りたい...。

地域のいろんなパワーが結集して、
滋賀県近江八幡市に約300年続く老舗「西勝酒造」の一角に、
小さな新しい工房が誕生しました。
昭和初期の懐かしさが漂う「旧千鳥食堂」に移転し
地域のプラットホームとして多彩な人々が行き交います。


「八幡酒蔵工房」は、八幡山の美しい里山を侵食する竹ヤブを
整備して出てきた竹廃材をリフォーム・リサイクルするなど、
「環境」と「伝統工芸」の融合をめざした
オリジナル工芸ブランドです。
工房が移転しました!
工房が移転しました!!

【新住所】
〒523-0861滋賀県近江八幡市仲屋町元1番地



元食堂だった空き町家をリノベーションして、
2009年4月4日に、新装オープン
いたしました。
八幡酒蔵工房の様子
CIMG0035.JPG CIMG2082.JPG 庭完成(6・23) 002.JPG


・小屋オープン・電気 009.JPG     CIMG0066.JPG


庭完成(6・23) 008.JPG     

カフェ・土間再・茶刈り・畑kr 022.JPG     CIMG2297.JPG
プロフィール
グループ名称
八幡酒蔵工房「いまさかPJ」
概要
日本の重要文化的景観第1号に選定・ラムサール条約湿地登録された、近江八幡の旧市街地~水郷エリアで環境や景観を保全する活動をしている任意団体です。重要伝統的建造物群保存地域の空き倉庫を借りて拠点=「みんなんのプラットホーム」を移転しました。八幡掘すぐの永原通りです。
活動拠点
滋賀県近江八幡市永原町元16
管理者
 
HPリニューアルしました!
八幡酒蔵工房のホームページへのご訪問、ありがとうございます。

ホームページのパワーアップをしました&コンテンツをさらに増やす用意をしています。

今までのホームページは、こちらからご覧いただけます。

いままでなかなかご紹介できなかったイベントやプロジェクトについてのご紹介もどんどんやっていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。



八幡酒蔵工房の予定
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930